高いビル

マンションに投資

投資マンション以外にも投資をしよう

投資マンションを保有して家賃収入を得ようと考えているのであれば、空室リスクを抑えるために投資資金の一部を投資マンションではなく、上場不動産投資信託に回してみるのも運用手段の1つとして考えておきましょう。上場不動産投資信託の場合、1銘柄で多くのファミリータイプマンションやオフィスビル、商業施設などを保有しており、分散投資がしっかりと図られています。そのため、一部の物件に空室が生じたとしても、分配金がゼロになることはありません。この点だけを捉えると投資マンションに投資をしているより上場不動産投資信託を保有していた方が良いように見えますが、実物不動産に投資をした時にしかえることができないメリットもあります。

実物不動産は担保として非常に重宝されます

それはローンを組むことができるという点です。金融機関から資金調達をして不動産投資をすれば、運用効率は格段に上がります。運用にレバレッジ効果が発現し、収益が飛躍的に上がるのです。金融機関は担保価値のあるものを所有していれば、喜んで融資をしてくれます。投資マンションも上場不動産投資信託も不動産で収益を上げようとしていることには変わりないですが、担保としての取りやすさでは投資マンションに軍配が上がります。金融機関は長いこと土地や建物などの実物不動産を担保として取ることに慣れているからです。この投資マンションのメリットを活かしつつ、上場不動産投資信託でリスクを抑えた投資も行い、全体的に収益が安定するように持っていきましょう。